TOP 特別展 年間スケジュール 美しきアジアの玉手箱

特別展情報

  • 展覧会紹介


    1933 年に設立されたシアトル美術館は、世界各国の美術品を所蔵する米国屈指の美術館です。その中核をなす約7000件の日本・東洋美術コレクションから、鎌倉時代の「浦島蒔絵手箱」(うらしままきえてばこ)、桃山時代の本阿弥光悦・俵屋宗達による「鹿下絵和歌巻」(しかしたえわかかん)、江戸時代の屏風「烏図」(からすず)といった名品をはじめ、中国や韓国、東南アジアなどの美術品も含めた選りすぐりの作品約100件をご紹介します。同館のまとまったコレクションが、アメリカ国外で一堂に公開されるのは世界で初めてのことです。多彩な時代、地域、ジャンルの逸品がつまった、まさに「美しきアジアの玉手箱」のようなコレクションを是非お楽しみください。

    特に注目される作品である「鹿下絵和歌巻」(しかしたえわかかん)は、当初は長大な一巻の巻物でしたが、後世に前半・後半の二巻に分けられ、前半はさらに分割され複数の所蔵者のもとへ散りました。しかし、後半部はそのままの状態でシアトル美術館に収蔵されており今回出品されます。さらに、国内に所蔵されている前半部のうち一部分も会期中の一時期に展示されます(1月26日~2月7日)。また、現在シアトル美術館と東京藝術大学が所蔵する、山梨県勝沼町等々力にある甲斐万福寺に伝来の「源誓上人絵伝」(げんせいしょうにんえでん)二幅があわせて展示されることは特筆されます(東京藝術大学所蔵のものは2月9日~2月28日)。

     

    200912-1.jpg

    烏図(左隻) 江戸時代 17世紀前半

    Photo: Seiji Shirono, National Institute for Cultural Properties, Tokyo

     

    200912-2.jpg

    鹿下絵和歌巻(部分) 本阿弥光悦書 俵屋宗達画
    桃山時代-江戸時代 1610年代

    Photo: Seiji Shirono, National Institute for Cultural Properties, Tokyo

     

    200912-3.jpg

    粉彩梅樹椿文盤 清時代
    雍正年間(1723-35)

    Photo: Paul Macapia

     

    200912-4.jpg

    インドラ坐像 ネパール
    マッラ王朝 13世紀頃

    Photo: Paul Macapia

     

    200912-5.jpg

    浦島蒔絵手箱
    鎌倉時代 14世紀

    Photo: Seatle Art Museum

     

    ◆シアトル美術館

    シアトル美術館は1933年、アメリカ西北端の湾岸都市シアトルに、地質学者リチャード・フラーと母マーガレットによって創設された私立美術館です。美術館は市営公園ヴォランティア・パークに建設されましたが、1991年ダウンタウン地区に新たな館施設が、さらに2007年には臨海地区に屋外彫刻公園「オリンピック・スカルプチャー・パーク」がつくられました。そして創設当時の建物は1994年にシアトル・アジア美術館と名称を改め、東洋美術コレクションの展示館として再オープンしました。現在約25,000件を数える世界各国の多彩な収蔵作品のうち東洋美術は約7,000件で、その半分を日本と中国の美術が占めています。

     

  • 開催概要


    【名 称】

    美しきアジアの玉手箱

    シアトル美術館所蔵 日本・東洋美術名品展

     

    【会 期】

    2009年12月23日(水・祝)~2010年2月28日(日)

     

    【開館時間】

    9:00~17:00 (入館は16:30まで)

     

    【休館日】

    12月24、28、29、30、31日、1月1、4、12、18、25日、2月1、8、12、15、22日

     

    【主 催】

    山梨県立美術館、読売新聞社、シアトル美術館、NHK甲府放送局

     

    【後 援】

    外務省、文化庁、アメリカ大使館、山梨日日新聞社・山梨放送、テレビ山梨
    テレビ朝日甲府支局、共同通信社甲府支局、時事通信社甲府支局、山梨新報社
    日本ネットワークサービス、エフエム富士、エフエム甲府

     

    【協 賛】

    光村印刷

     

    【協 力】

    全日空、日本貨物航空、スターバックス コーヒー

     

      一 般 大学生
    観覧料 1,000円(840円) 500円(420円)
    ■高校生:500円(420円)
    ■小・中生:260円(210円)

    ※( )は20名以上の団体料金、県内宿泊者割引料金
    ※小・中・高等・特別支援学校生は土曜日無料
    ※山梨県内の65歳以上の方は無料(健康保険証等持参)
    ※障害者手帳をご持参の方はご本人と介護の方1名が無料
  • 関連イベント


  • その他の年度の展覧会はこちら

    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年
    2009年
    2008年
    2007年以前
pagetop