TOP 特別展 年間スケジュール 富士の国やまなし国文祭記念事業 「日本のわざと美」展 -重要無形文化財とそれを支える人々-

特別展情報

  • 展覧会紹介


    「人間国宝」とよばれる重要無形文化財の保持者約170人や14の保持団体の「わざ」と「美」をご覧いただきます。陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、手漉和紙、截金(きりかね)、撥鏤(ばちる) など、高度な伝統工芸技術を受け継ぎつつ、さらに新たな技法や表現を追求し、豊かな感性を注ぎ込んだ約190点の逸品によって、日本工芸の粋を味わうことができます。また、それらの伝統工芸技術を支える道具や材料を製作・生産する選定保存技術も紹介します。

     

    201309-1.jpg

    森口華弘 / もりぐちかこう
    《友禅訪問着 「精華」》 / ゆうぜんほうもんぎ 「せいか」
    平成元年 文化庁蔵 (展示期間 9/7-9/23) 

     

    201309-1-2.jpg

    福田喜重 / ふくだきじゅう
    《刺繍訪問着 「和」》 /  ししゅうほうもんぎ 「やまと」
    平成17年 文化庁蔵 (展示期間 9/25-10/14) 

     

    201309-2.jpg

    三輪壽雪 / みわじゅせつ
    《鬼萩割高台茶碗》 / おにはぎわりこうだいちゃわん
    平成15年 文化庁蔵

     

    201309-3.jpg

    十四代酒井田柿右衛門 / さかいだかきえもん
    《濁手枝垂桜文鉢》 / にごしでしだれざくらもんはち
    平成2年 文化庁蔵

     

    201309-4.jpg

    江里佐代子 / えりさよこ
    《截金飾筥・シルクロード幻想》
    きりかねかざりばこ・シルクロードげんそう
    平成13年 文化庁蔵

     

    201309-5.jpg

    大場松魚 / おおばしょうぎょ
    《平文輪彩箱》 / ひょうもんりんさいはこ
    昭和61年 文化庁蔵

     

    201309-6.jpg

    室瀬和美 / むろせかずみ
    《蒔絵螺鈿八稜箱「彩光」》
    まきえらでんはちりょうばこ 「さいこう」
    平成12年 文化庁蔵

     

    201309-7.jpg

    中川衛 / なかがわまもる
    《縞文象嵌朧銀花器》 / しまもんぞうがんおぼろぎんかき
    昭和63年 文化庁蔵

     

    201309-8.jpg

    天田昭次 / あまたあきつぐ
    《刀》 / かたな
    平成8年 文化庁蔵

     

    201309-9.jpg

    平田郷陽 / ひらたごうよう
    《萌芽》 / ほうが
    昭和35年 東京国立近代美術館蔵

     

    201309-10.jpg

    藤沼昇 / ふじぬまのぼる
    《束編花籃 「気」》 / たばねあみはなかご 「き」
    平成4年 東京国立近代美術館蔵

     

  • 開催概要


    【名 称】

    富士の国やまなし国文祭記念事業
    「日本のわざと美」展 ―重要無形文化財とそれを支える人々―

     

    【会 場】

    山梨県立美術館 南館2階特別展示室

     

    【会 期】

    2013年9月7日(土)~10月14日(月・祝)
    *染織作品と刀剣は展示替えがあります。

     

    【休館日】

    9月9日(月)、17日(火)、24日(火)、30日(月)、10月7日(月)

     

    【開館時間】

    9:00~17:00(入館は16:30まで)

     

    【主 催】

    文化庁、山梨県教育委員会、山梨県立美術館、
    NHK甲府放送局、山梨日日新聞社・山梨放送、テレビ山梨

     

    【特別協力】

    東京国立近代美術館

     

    【協 力】

    山梨交通株式会社

     

    【後 援】

    テレビ朝日甲府支局、朝日新聞甲府総局、毎日新聞甲府支局
    読売新聞甲府支局、日本経済新聞社甲府支局、産経新聞社甲府支局、
    共同通信社甲府支局、時事通信社甲府支局、山梨新報社、
    日本ネットワークサービス、エフエム富士、エフエム甲府

     

      一 般 大学生
    観覧料 1,000円(840円) 500円(420円)
    ■高校生:500円(420円)
    ■小・中生:260円(210円)

    ※( )は20名以上の団体料金、県内宿泊者割引料金
    ※小・中・高等・特別支援学校生は土曜日無料
    ※山梨県内の65歳以上の方は無料(健康保険証等持参)
    ※障害者手帳をご持参の方はご本人と介護の方1名が無料
    ※前売券は山梨県立美術館にて、8月7日(水)~9月6日(金)まで販売
  • 関連イベント


    ■記念講演会「色鍋島と今右衛門」

    【日 時】 9月22日(日) 14:00~

    【講 師】 十四代今泉今右衛門氏(色鍋島今右衛門技術保存会会長)

    【場 所】 総合実習室(申し込み不要、聴講無料)

     

    ■製作実演「柿右衛門」

    記録映画「柿右衛門 -にごしで-」(30分)も上映。

    【日 時】 9月7日(土)、8日(日) ①10:00~12:00  ②13:00~16:00

    【実 演】 柿右衛門製陶技術保存会

    【場 所】 ギャラリー・エコー (美術館エントランスホール) (申し込み不要、観覧無料) 

     

    ■製作実演「伊勢型紙」

    【日 時】 10月5日(土)、6日(日) ①10:00~12:00 ②13:00~16:00

    【実 演】 伊勢型紙技術保存会

    【場 所】 ギャラリー・エコー (美術館エントランスホール) (申し込み不要、観覧無料) 

     

     ■「日本のわざと美」展記念コンサート

    【日 時】 9月23日(月・祝) 13:45~14:45(予定)

    【演 奏】 山梨県神道雅楽会

    【場 所】 総合実習室 (申し込み不要、入場無料) 

     

    ■ワークショップ「伊勢型紙をつくってみよう」

    重要無形文化財「伊勢型紙」は、三重県鈴鹿市に伝わる染色用の型紙製作技術です。小紋や友禅などの着物の染色だけでなく、甲州印伝の文様にも使われています。柿渋を塗った紙に文様を型彫りして伊勢型紙づくりを体験できます。

    【日 時】 10月5日(土) ①10:00~12:00 ②14:00~16:00

    【講 師】 伊勢型紙技術保存会

    【場 所】 総合実習室 (申し込み必要、参加無料)

    【対 象】 小学生(低学年は保護者同伴)

    【定 員】 各回 30名程度

    【申込期間】 9月5日~10月4日

     

     

    【日 時】 10月6日(日) ①10:00~12:00 ②14:00~16:00

    【講 師】 伊勢型紙技術保存会

    【場 所】 総合実習室 (申し込み必要、参加無料)

    【対 象】 大人 (中学生以上)

    【定 員】 各回 30名程度

    【申込期間】 9月5日~10月4日

     

    《お申し込み方法》

    FAXまたは電話にてお申し込み下さい。
    ① 参加希望コース (午前 / 午後) ② 氏名 (ふりがな) ③ 年齢(学校名・学年)
    ④ 電話番号(Fax番号) ⑤ 低学年は参加される保護者名 を必ず記入、または電話でお伝えください。

     

    《お申し込み先》
    〒400-0065 山梨県甲府市貢川 1-4-27 山梨県立美術館
    「わざと美ワークショップ」係
    TEL:055-228-3322 FAX:055-228-3324 

     

    ■ギャラリー・トーク

    【日 時】 9月7日(土) 14:00~

    【講 師】 近藤 都代子氏(文化庁主任文化財調査官)

    【場 所】 特別展示室(申し込み不要、本展チケットが必要です)

     

     

    【日 時】 9月15日(日) 14:00~

    【講 師】 白石和己(当館館長)

    【場 所】 特別展示室(申し込み不要、本展チケットが必要です)

     

    ■ミュージアム・シアター 「人間国宝の制作活動の記録」

    【内 容】

    重要無形文化財 (工芸技術) 記録映画 
    「蒔絵 -大場松魚の平文のわざ-」(32分)
    「萩焼 -十一代三輪休雪の鬼萩-」(37分)

    【日 時】 9月28日(土) 13:30~

    【会 場】 総合実習室(申し込み不要、入場無料)

  • その他の年度の展覧会はこちら

    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年
    2009年
    2008年
    2007年以前
pagetop