TOP 特別展 年間スケジュール 「やまなしの戦後美術―四人の革新者たち」展 橘田尚之 松田冨彌 河内成幸 深沢軍治

特別展情報

  • 展覧会紹介


    本展は、戦後、革新的な表現を行ってきた山梨ゆかりの作家たちに焦点を当て、それぞれの代表作を紹介する展覧会です。今回は、立体、工芸、版画、平面のジャンルで意欲的に作品制作と発表を続け、独自の世界を築いた四人の作家、橘田尚之、松田冨彌、河内成幸、深沢軍治の初期作品から近作・新作までを個展形式で展示します。

     

    ◆橘田尚之

    橘田尚之(1947年~)は西八代郡市川大門町(現、西八代郡市川三郷町)に生まれた造形作家です。東京藝術大学卒業後、すぐに作家活動を開始し、1980年代半ば以降は美術館主催の現代美術展にも出品します。当館が1984年から1998年にかけて開催した「山梨県新人選抜展」(のち山梨県立美術館新進作家選抜展)の常連作家でもありました。立体だけでなく、平面作品の制作にも取り組んでいます。

     

    201409-1.jpg

    《登攀者2014》 2014年 酸化被膜したアルミニウム、コンテ 約300.0×200.0×400.0㎝

    1980年代終わり頃より取り組んでいる「登攀者」シリーズの最新作です。薄いアルミニウム板を素材とした非常に複雑な形の立体作品です。作品表面に点在する水しぶきがかかったような斑模様は、アルミニウムを腐食させることで生み出したものです。

     

    ◆松田冨彌

    松田冨彌(1939年~2009年)は、奈良県出身で、山梨県で制作活動を行った陶芸家です。彼は京都市立美術大学(現、京都市立芸術大学)で、富本憲吉らのもとで学びました。1966年~68年にアメリカのシカゴ・アート・インスティテュートで講師を務めた後、1969年からは山梨県忍野村に居住して、数々の個性的な作品を残しました。ファエンツァ国際陶芸展(1989年)など国内外で作品を発表し、1998年には山梨県文化賞奨励賞を受賞しています。

     

    201409-2.jpg

    《雲とともに》 2003年 陶 46.5×28.5×9.5cm

    松田冨彌は、生涯を通じて様々な作風を展開しました。この作品は「雲シリーズ」とも言える作品群の一つです。もこもこと不規則に隆起したなめらかな質感の表面に、パステル・ブルーとほんのりピンク色に仕上がった釉薬がかかり、まるで命が宿っているようでもあります。

     

    ◆河内成幸

    河内成幸(1948年~)は山梨県北都留郡上野原町(現、上野原市)に生まれました。多摩美術大学油画科在学中の1970年に第38回日本版画協会で新人賞を受賞し、その後、国内外で受賞を重ねてきました。日本の現代木版画を代表する作家の一人です。1985年には、文化庁在外研修員として一年間ニューヨークのコロンビア大学大学院に留学、2011年には紫綬褒章を受章しています。

     

    201409-3.jpg

    《単なる右と左》 1975年 木版凹凸版摺り 60.8×90.5㎝

    河内の作品は「木版凸凹版摺り」により独自の宇宙感を表現しています。この作品は、木版画初期の作品です。鏡の世界の不思議さや、背景の開きかけた扉のようなすき間で、異次元、異空間への入口を感じさせようとしています。

     

    ◆深沢軍治

    深沢軍治(1943年~)は山梨県甲府市に生まれ、美しいマチエールと透き通ったブルーが印象的な、戦後山梨を代表する最も革新的な画家の一人です。東京藝術大学時代、油彩画以外に木版画を学んだことは、以降様々な表現への実験を繰り返すきっかけともなりました。1986年から1年間、文化庁の在外研修員としてニューヨークでアメリカの現代美術を直に学んだ後、福島県立会津大学や京都市立芸術大学で後進の指導に当たりました。現在は、京都造形芸術大学の非常勤講師を勤めています。

     

    201409-4.jpg

    《蓋(地上にて)》1985年 アクリル絵の具、パステル、木炭・木版 182.0×274.0cm

    《蓋(地上にて)》(山梨県立美術館蔵)は、1986年に開催された第2回山梨県新人作家選抜展にて美術館賞を受賞した作品で、時代的にはニューヨークでの研修時期と重なります。本作の特徴は、まるで木版画の版木が一枚の絵画になったようで、アクリル絵の具やパステルで直接彩色されていることです。そして、ここに描かれた人間たちは、それぞれが様々な表情を持ち、現代社会の光と影の部分をそのまま象徴しているかのようでもあります。

     

     

  • 開催概要


    【名 称】

    「やまなしの戦後美術―四人の革新者たち」展
    橘田尚之 松田冨彌 河内成幸 深沢軍治

     

    【会 場】

    山梨県立美術館 南館2階特別展示室

     

    【会 期】

    2014年9月20日(土)~11月3日(月・祝)

     

    【休館日】

    9月24日(水)、29日(月)、10月6日(月)、14日(火)

     

    【開館時間】

    9:00~17:00(入館は16:30まで)

     

    【主 催】

    山梨県立美術館

     

      一 般 大学生
    観覧料 1,000円(840円) 500円(420円)
    ※( )は20名以上の団体料金、前売料金、県内宿泊者割引料金
    ※小・中・高等・特別支援学校生は無料
    ※山梨県内の65歳以上の方は無料(健康保険証等持参)
    ※障害者手帳をご持参の方はご本人と介護の方1名が無料
  • 関連イベント


    ■美術体験・実技講座 現代美術「林檎は2度おいしい」

    まず、林檎の皮をむいて林檎を食べます。おなかの中の林檎を感じながら、リンゴの皮を利用して、自由にアイディアを練って作品をつくります。

    【日時】9月20日(土)~27日(土) (期間中自主制作できます)

    【作家指導日】9月20日(土)・27日(土) 10:00~16:00

    【指導作家】橘田尚之氏

    【申込期間】9月1日~10日 (事前に申し込みが必要です)

    【材料費】400円

     

    ■美術体験・実技講座 版画〔木版画〕

    本格的な多色木版画に挑戦します。(初心者は初心者コース受講者のみ対象です。) 

    【日時】10月12日(日)~26日(日) (期間中自主制作できます)

    【作家指導日】10月12日(日)・18日(土)・19日(日)・26日(日) 10:00~16:00

    【指導作家】河内成幸氏

    【申込期間】8月27日~9月5日 (事前に申し込みが必要です)

    *材料購入希望者は9月14日(日) 15:30~工房にて注文を受け付けます。

     

    ■美術体験・実技講座 現代美術「観て描くコトと見ないコト」

    写真を準備し、それを使用して、油彩やアクリル絵の具で描きます。
    しかし、本当にそれだけなのか、秘密が一杯です。

    【作家指導日】11月1日(土)、2日(日) 10:00~16:00 (2日連続講座)

    【指導作家】深沢軍治氏

    【申込期間】10月12日~21日 (事前に申し込みが必要です)

     

    《美術体験・実技講座について》

    ◇定員:各講座20名程度
    ◇対象:中学生以上
    ◇場所:工房
    ◇申し込みは、往復はがきでお申し込みください。
    【往復はがき記入事項】
    往信面に ① 講座名 ② 〒・住所 ③ 氏名・年齢(学生の方は学校と学年)
    ④ 電話番号 (Fax番号)⑤ 経験の有無
    返信面に 郵便番号・住所・氏名を必ずご記入ください。

    《申し込み先》
    〒400-0065 山梨県甲府市貢川1-4-27 山梨県立美術館「美術体験・実技講座」係
    TEL: 055-228-3322 

     

    ■講演会「やまなしの戦後美術と四人の革新者たち」

    【日時】10月4日(土) 14:00~

    【講師】向山富士雄 (当館学芸課長)

    【場所】総合実習室 (申し込み不要、聴講無料)

     

    ■キッズ・プログラム「ふわふわギザギザ 五感で味わう不思議なかたち」

    陶芸作家、松田冨彌(まつだとみや)さんの作品について、講師とともに特別展を見て学んだり、作品づくりをしたりします。

    【日時】10月25日(土)

    ①10:00~11:30・・・中学生の部
    ②14:00~15:30・・・小学生の部 ※低学年は保護者同伴

    【講師】松田百合子氏 (陶芸作家)

    【定員】各回30名程度

    【申込期間】9月25日(木)~10月24日(金)

     

    《申し込み方法》

    FAXまたは電話にてお申し込み下さい。

    ① 参加希望コース (午前 / 午後) ② 氏名 (ふりがな) ③ 年齢(学校名・学年)
    ④ 電話番号(Fax番号) ⑤ 参加される保護者名 を必ず記入、または電話でお伝えください。

     

    《申し込み先》
    山梨県立美術館「キッズ・プログラム」係
    TEL:055-228-3322 FAX:055-228-3324 

     

    ■特別展「やまなしの戦後美術-四人の革新者たち」記念コンサート

    【日時】10月12日(日) 14:00~14:40

    【演奏】NYT (バイオリン&ギター)

    【場所】総合実習室 (申し込み不要、入場無料)

    【定員】120名

     

  • その他の年度の展覧会はこちら

    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年
    2009年
    2008年
    2007年以前
pagetop