TOP 特別展 年間スケジュール 大阪新美術館コレクション 佐伯祐三とパリ ポスターのある街角

特別展情報

  • 展覧会紹介


    30歳で夭折した画家 佐伯祐三の短くも鮮烈な画業を回顧します。

    佐伯祐三(1898~1928)は、東京美術学校を卒業した後にフランスに渡り、フォーヴィスムの大家ヴラマンクに「アカデミック!」と作品を批判されたことをきっかけに、自らの作風を模索し始めました。そして、パリの石造りの建物やポスターが貼られた壁にモチーフを見出し、独自の様式を確立しました。

    本展では、フランス滞在中に制作された佐伯作品に加え、佐伯と交流のあった同時代の画家の作品や当時のパリの雰囲気を伝えるポスターを展示し、佐伯が魅せられた芸術の都パリの息吹を紹介します。

     

    ◆第1章:大阪から東京、パリへ

    201411.jpg

     

    1898年に大阪中津の光徳寺の次男として生まれ、地元の画塾で基礎を学び、上京して川端画学校、東京美術学校で洋画を学びました。卒業した1923年、妻米子と娘彌智子を伴って憧れのパリへと向かいました。フォーヴィスムの大家ヴラマンクに「アカデミック!」と激しく否定されたことを契機に、佐伯は独自の画風を模索しはじめ、パリの石造りの建物やポスターが貼られた壁にモチーフを見出しました。

     

    201411-1.jpg

    佐伯祐三 《立てる自画像》 1924年
    大阪新美術館建設準備室蔵

    自信を喪失し、独自の画風を模索

    している時期の自画像

     

    201411-2.jpg

    佐伯祐三 《壁》 1925年
    大阪新美術館建設準備室蔵

    正面から建物を捉えるスタイルを
    確立した第1次パリ滞在期の作品

     

    ◆第2章:再びパリへ

    体調を心配する実家の説得に応え、佐伯は2年あまりの滞仏を一旦終えて帰国しました。
    里見勝蔵や前田寛治ら渡仏経験をもつ画家たちと「一九三〇年協会」を結成するなど、帰国中も活発に制作活動を行いますが、パリへの想いは断ちがたく、1927年、再びフランスへ渡りました。佐伯は、憑かれたようにパリを描き、冬のモランで屋外制作を行い、命を削るように制作活動を続け、1928年に30歳の若さで亡くなりました。

     

    201411-3.jpg

    佐伯祐三 《レストラン (オテル・デュ・マルシェ)》 1927年 大阪新美術館建設準備室蔵

     

    201411-4.jpg

    佐伯祐三 《郵便配達夫》 1928年 大阪新美術館建設準備室蔵

    病床に伏す日々の中で描いた代表作

     

    ◆第3章:佐伯をめぐる画家たち

    佐伯が影響を受けたヴラマンクやユトリロ、第1次パリ滞在期に感動と不安を共有しながら共に制作を続けた里見勝蔵、第2次パリ滞在期に佐伯を慕って集まった大橋了介、荻須高徳など、佐伯をめぐる画家たちの作品を通じて、当時の画家たちが希求していた芸術をご紹介します。

     

    201411-5.jpg

    大橋了介 《白い家》 1929年 大阪新美術館建設準備室蔵

     

    ◆第4章:パリ、街角のポスター

    佐伯がポスターに覆われたパリの壁に魅了された1920年代は、第1次世界大戦が終わった解放感と、娯楽や産業の復興によって、街に活気が戻っていました。この時代のポスターは、アール・デコやモダン・アートの潮流を反映し、黄金期を迎えていました。当時のポスターの傑作により、佐伯が感じた芸術の都パリの息吹を感じていただきます。

     

    201411-6.jpg

    シャルル・ジェスマール 《ミスタンゲット》 1926年
    サントリーポスターコレクション
    (大阪新美術館建設準備室寄託)

     

    201411-7.jpg

    ジョルジュ・バルビエ 《リヨネル》 1917年
    サントリーポスターコレクション
    (大阪新美術館建設準備室寄託) 後期展示

     

    *会期中、ポスター作品の展示替えを行います。

    前期 11月15日~12月14日 後期 12月16日~1月18日

     

  • 開催概要


    【名 称】

    大阪新美術館コレクション
    佐伯祐三とパリ ポスターのある街角

     

    【会 場】

    山梨県立美術館 南館2階特別展示室

     

    【会 期】

    2014年11月15日(土)~2015年1月18日(日)
    会期中、ポスター作品の展示替えを行います。
    前期 11月15日~12月14日 後期 12月16日~1月18日

     

    【休館日】

    2014年11月25日、12月1、8、15、22、27~31日、2015年1月1、5、13日

     

    【開館時間】

    9:00~17:00(入館は16:30まで)

     

    【主 催】

    山梨県立美術館 大阪新美術館建設準備室
    テレビ山梨 読売新聞社 美術館連絡協議会

     

    【協 賛】

    ライオン 清水建設 大日本印刷 損保ジャパン日本興亜

     

    【後 援】

    NHK甲府放送局 山梨日日新聞社・山梨放送 テレビ朝日甲府支局
    朝日新聞甲府総局 毎日新聞甲府支局 産経新聞社甲府支局
    共同通信社甲府支局 時事通信社甲府支局 山梨新報社
    日本ネットワークサービス エフエム富士 エフエム甲府

     

      一 般 大学生
    観覧料 1,000円(840円) 500円(420円)
    ※( )は20名以上の団体料金、前売料金、県内宿泊者割引料金
    ※小・中・高等・特別支援学校生は無料
    ※山梨県内の65歳以上の方は無料(健康保険証等持参)
    ※障害者手帳をご持参の方はご本人と介護の方1名が無料
    ※11月20日(木)の県民の日は、本特別展、常設展ともに無料
    ※前売券は山梨県立美術館にて、10月15日(水)~11月14日(金)まで販売
  • 関連イベント


     ■記念講演会「パリ時代の佐伯祐三」

    佐伯がパリで感じた "友情と孤独" についての講演

    【日時】11月29日(土) 14:00~

    【講師】高柳有紀子氏 (大阪新美術館建設準備室 学芸員)

    【場所】総合実習室 (申し込み不要、聴講無料)

     

    ■館長トーク「佐伯祐三のいたパリ アールデコの時代」 

    【日時】11月16日(日) 14:00~

    【講師】白石和己 (当館館長)

    【場所】総合実習室 (申し込み不要、聴講無料)

     

    ■担当学芸員のギャラリー・トーク 

    【日時】11月30日(日) 15:00~

    【場所】特別展示室(申し込み不要、本展チケットが必要)

     

    ■ 創作教室 「ダンボールをつかってパリの街をつくろう」

    みんながつくったおうちで、ちいさなまちをつくります。

    【日時】12月7日(日) ①10:00~12:00 ②13:30~15:30

    【講師】三井正人氏 (彫刻家)と帝京学園短期大学保育科学生のみなさん

    【対象】小学生以上 (低学年は保護者同伴)から大人まで

    【定員】各回30名 (申し込みが必要、参加無料)

    【申込期間】11月7日~12月6日

    *展覧会会期中、館内に完成作品を展示します。

     

    ■大人のための美術講座 「丘の街を創作する」

    彫刻作家 三井正人氏による創作講座。
    パリの街並みをイメージした建物を木彫で表現します。

    【日時】12月14日(日) 10:00~16:00 (集合 9:50)

    【講師】三井正人氏 (彫刻家)

    【対象】大人 (高校生以上)

    【定員】10名 (往復ハガキにて申し込み下さい)

    【材料費】3,000円

    【申込期間】11月14日~11月30日

    *展覧会会期中、館内に完成作品を展示します。

     

    キッズ・プログラム「パリの街並み探検」

    親子で佐伯作品の中に描かれたパリの街並みを鑑賞し、クリスマスオーナメントを作ります。

    【日時】12月20日(土) 13:30~15:30

    【対象】小学生とその保護者

    【定員】30名程度 (申し込みが必要、参加無料)

    【申込期間】11月20日~12月19日

     

    《創作教室・キッズ・プログラム・大人のための美術講座の申し込みについて》

     

    創作教室、キッズ・プログラム

    FAXまたは電話にてお申し込み下さい。
    その際、次の事項をお伝えください。
    ① 参加希望コース (午前 / 午後) ② 氏名 (ふりがな) ③ 年齢(学校名・学年)
    ④ 電話番号(Fax番号) ⑤ 参加される保護者名
     

    大人のための美術講座
    往復はがきにてお申し込みください。
    往信面に① 講座名 ② 郵便番号・住所 ③ 氏名 (ふりがな)・
    年齢(学生の方は学校名と学年)④ 電話番号(Fax番号) ⑤ 経験の有無
    返信面に郵便番号、住所、氏名を記入してください。


    《申し込み先》
    〒400-0065 山梨県甲府市貢川 1-4-27 山梨県立美術館
    「ワークショップ」係
    TEL:055-228-3322 FAX:055-228-3324 

     

    ■ 記念コンサート

    【日時】11月30日(日) 14:00~14:40

    【演奏】山上浩幸氏 (クラシックギター)、滝本はるみ氏 (鍵盤ハーモニカ)

    【場所】総合実習室(申し込み不要、入場無料)

    【定員】120名

  • その他の年度の展覧会はこちら

    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年
    2009年
    2008年
    2007年以前
pagetop