TOP 特別展 年間スケジュール 印象派の故郷 ノルマンディー展 ~近代風景画のはじまり~

特別展情報

  • 展覧会紹介


    セーヌ河の河口であり、英仏海峡に面するフランス北部ノルマンディーは現在もフランスで最も人気のある保養地の一つです。19世紀初頭、この地に残っていた古い町並みや遺跡は、「ピクチャレスクな(絵になる)」光景とされ、英仏のロマン主義の画家たちに度々取り上げられるようになります。自然の中でモティーフと直接対峙し、自らの感興の赴くままに筆を走らせることを重要視して絵画制作に取り組む姿勢は、後の写実主義や印象派に受け継がれていきます。

    ノルマンディー地方に生まれ、主な活動の場とした画家ウジェーヌ・ブーダンは、このような風景画の展開に重要な役割を果たしました。コローやクールベ、そしてモネといった画家たちは彼と共にノルマンディーで制作を行いました。

     

    201506-1.jpg

    ウジェーヌ・イザベイ 《トゥルーヴィルのレ・ゼコーレ》 1839年 トゥルーヴィル、ヴィラ・モンテベロ美術館 © Illustria

     

    201506-2.jpg

    カミーユ・コロー 《オンフルール》 制作年不詳 ランス美術館 © Christian DEVLEESCHAUWER

     

    201506-3.jpg

    ギュスターヴ・クールベ 《海景、凪》 1865-67年 ロン=ル=ソニエ美術館
    © Ville de Lons-le-Saunier, Musée des Beaux-Arts Studio Eureka, Jean-Loup MATHIEU

     

    201506-4.jpg

    ウジェーヌ・ブーダン 《ル・アーヴル、ウール停泊地》 1885年 エヴルー美術博物館
    © J.P.Godais - Musée d'Évreux

     

    また当時、パリからノルマンディーへと向かう鉄道が開通すると、都市部からのアクセスが容易となり、海水浴という新しいレジャーが発達します。近代化の波は、港の様子をも様変わりさせました。同時代的で新しい絵画モティーフを求めた画家たちは、風光明媚な自然風景のみならず、このような近代化の様相も描きだしています。


    本展では、国内外所蔵の絵画や写真約100点により、主に19世紀初頭から20世紀中頃までの、ノルマンディーにおける風景表現の展開をご紹介いたします。

     

    201506-5.jpg

    クロード・モネ 《トゥルーヴィル海岸にて》
    1870年 パリ、マルモッタン=モネ美術館 © The Bridgeman Art Library

     

    201506-6.jpg

    ウジェーヌ・ブーダン 《トゥルーヴィルの海岸にて》
    1880-85年 サンリス美術考古博物館 © Christian Schryve, Compregne

     

    201506-7.jpg

    アルフレッド・ステヴァンス 《サン=タドレスの海岸にて》
    1884年 ダンケルク美術館
    © Musée des Beaux-Arts de Dunkerque - Jacques Quecq d'Henriprêt

     

    201506-8.jpg

    フェリックス・ヴァロットン 《オンフルールとセーヌ河口》 1901年 オンフルール、ウジェーヌ・ブーダン美術館
    Musée Eugéne Boudin, Honfleur © Crédit photo : H.BRAUNER

     

    201506-9.jpg

    ラウル・デュフィ 《海の祭り、ル・アーヴルへの公式訪問》 1925年頃 アンドレ・マルロー美術館、ル・アーヴル
    Le Havre, MuMa - Musée d'Art moderne André Malraux © Florian Kleinefenn

     

    201506-10.jpg

    アルベール・マルケ 《ル・アーヴルの外港》 1935年 ル・アーヴル、アンドレ・マルロー美術館
    Le Havre, MuMa - Musée d'Art moderne André Malraux © Florian Kleinefenn

     

  • 開催概要


    【名 称】

    印象派の故郷 ノルマンディー展 ~近代風景画のはじまり~

     

    【会 場】

    山梨県立美術館 南館2階特別展示室

     

    【会 期】

    2015年6月27日(土)~8月23日(日)

     

    【休館日】

    6月29日、7月6日・13日・27日、8月3日

     

    【開館時間】

    9:00~17:00(入館は16:30まで)

     

    【主 催】

    山梨県立美術館 山梨日日新聞社・山梨放送

     

    【後 援】

    在日フランス大使館 / アンスティチュ・フランセ日本
    NHK甲府放送局 テレビ山梨 テレビ朝日甲府支局
    朝日新聞甲府総局 毎日新聞甲府支局 読売新聞甲府支局
    日本経済新聞社甲府支局 産経新聞社甲府支局 
    共同通信社甲府支局 時事通信社甲府支局 山梨新報社
    日本ネットワークサービス エフエム富士 エフエム甲府 

     

    【協 賛】

    エールフランス航空 ヤマトロジスティクス

     

    【企画協力】

    ブレーントラスト

     

      一 般 大学生
    観覧料 1,000円(840円) 500円(420円)
    ※ ( )内は20名以上の団体料金、前売券、県内宿泊者割引
    ※高校生以下の児童・生徒は無料
    ※県内65歳以上の方(健康保険証等持参)は無料
    ※障害者手帳をご持参の方と介護の方1名は無料
    ※前売券は山梨県立美術館にて、5月27日(水)~6月26日(金)まで販売
  • 関連イベント


    ■記念講演会 「印象派の故郷 ノルマンディー」 

    【日時】 6月27日(土) 14:00~

    【講師】 古谷 可由氏 (公益財団法人ひろしま美術館 学芸部長)

    【場所】 総合実習室 (申し込み不要、聴講無料)

     

    ■担当学芸員のギャラリー・トーク 

    【日時】 8月9日(日) 14:00~

    【場所】 特別展示室(申し込み不要、本展チケットが必要)

     

    ■大人のための美術講座

    ギャラリー・トークの前のちょっとお得なレクチャーです。

    【日時】 8月9日(日) 13:00~13:30

    【場所】 総合実習室 (申し込み不要、聴講無料)

     

    ■こども美術館「探検!タイムトラベラー (ノルマンディー編)」

    絵画に描かれたフランス、ノルマンディー地方を探検します。

    【日時】 7月18日(土)  ①10:00~11:00 ②13:30~14:30

    【対象】 小学生とその保護者

    【定員】 各回定員15名(申し込みが必要)

     

    《申し込み方法》
    FAXまたは電話にてお申し込み下さい。その際、①~⑤の事項を必ずお伝えください。
    ① 参加希望コース (午前 / 午後) ② 郵便番号・住所 ③ 氏名 (ふりがな)
    ④ 年齢(学校名・学年) ⑤ 電話番号(Fax番号) ⑥ 参加される保護者名

    《申し込み先》
    山梨県立美術館「こども美術館」係
    TEL:055-228-3322 FAX:055-228-3324 

     

     

  • その他の年度の展覧会はこちら

    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年
    2009年
    2008年
    2007年以前
pagetop