TOP 特別展 年間スケジュール ルートヴィヒ・コレクション ピカソ展

特別展情報

  • 展覧会紹介


    パブロ・ピカソは、20世紀の西洋美術史上、最も華々しく活躍した芸術家の一人と言えるでしょう。本展では、巨匠ピカソの魅力を多角的に紹介すべく、主にドイツのルートヴィヒ美術館より、油彩、ブロンズ、版画、陶器等の様々な作品を紹介します。

     

    ピカソは1881年にスペイン南部のマラガで生まれました。1895年からバルセロナやマドリードで修行を積んだ後、1904年にパリのモンマルトルにあった芸術家が集うアトリエ兼住居「洗濯船」に移住しました。故郷スペインへの愛情を常に意識しながらも、第一次世界大戦と第二次世界大戦の最中もフランスに住み続け、1973年にフランス南部のムージャンで亡くなりました。生涯を通じて尽きることのない想像力と探究心を持ち続け、「青の時代」、「バラ色の時代」、そして「キュビスムの時代」、「新古典主義の時代」など様々な作風を展開しました。また大変多作な作家でもあり、油彩や素描の他に、版画、彫刻、陶器など数万点にものぼる作品を制作し、さらにバレエの舞台美術や衣装を手がけるなど、ジャンルを越えた旺盛な制作活動を行いました。

     

    本展で出品するピカソ作品は、主にルートヴィヒ美術館のコレクションの中から選ばれたものです。ルートヴィヒ美術館は、ドイツのケルン市にある近現代美術を集めた美術館で、有名なケルン大聖堂に隣接しています。美術館名にもなっている「ルートヴィヒ」とは、ペーターとイレーネ・ルートヴィヒ夫妻のことで、ライン地方の著名な実業家です。ルートヴィヒ夫妻は芸術に造詣が深く、夫ペーターはピカソに関する論文で博士号を取得し、妻のイレーネも夫と共に美術史を学んでいました。夫妻は何十年もかけて900点ほどの広範なピカソ・コレクションを形成し、ケルン市のヴァルラフ=リヒャルツ美術館に、1969年より継続的に作品の寄託・寄贈を行いました。そして1976年にこの美術館の近現代美術部門が独立し、ルートヴィヒ美術館となりました。


    ルートヴィヒ美術館のピカソ・コレクションは、世界でも最大級と言えるほど充実しています。所蔵点数としては、バルセロナとパリにあるピカソ美術館に次いで世界第3位を誇っており、個人のコレクターが収集したコレクションとしては、世界第1位の規模です。


    本展では、ルートヴィヒ美術館所蔵のピカソの油彩、ブロンズ、版画、陶器等を約60点展示するほか、国内美術館が所蔵するピカソ作品や、マン・レイなど著名な写真家によるピカソの肖像写真約40点を展示し、天才と謳われるピカソの魅力を多角的に紹介します。

     

    ※作品保護のため、展示室内の温度を21℃前後に保っております。上着などをお持ちいただくことをお勧めいたします。

  • 開催概要


    【名 称】

    ルートヴィヒ・コレクション ピカソ展

     

    【会 場】

    山梨県立美術館 南館2階特別展示室

     

    【会 期】

    2015年9月1日(火)~10月25日(日)

     

    【休館日】

    9月7日(月)、14日(月)、24日(木)、28日(月)、10月5日(月)、13日(火)

     

    【開館時間】

    9:00~17:00(入館は16:30まで)

     

    【主 催】

    山梨県立美術館 テレビ山梨 ピカソ展実行委員会

     

    【特別協賛】

    (株)早野組 山梨トヨタ 山梨トヨペット
    トヨタカローラ山梨 ネッツトヨタ山梨 ネッツトヨタ甲斐

     

    【協 賛】

    日本生命保険相互会社甲府支社

     

    【後 援】

    ドイツ連邦共和国大使館 NHK甲府放送局 山梨日日新聞社・山梨放送
    テレビ朝日甲府支局 朝日新聞甲府総局 毎日新聞甲府支局 読売新聞甲府支局
    日本経済新聞社甲府支局 産経新聞社甲府支局 共同通信社甲府支局
    時事通信社甲府支局 山梨新報社 日本ネットワークサービス エフエム富士
    エフエム甲府

     

    【協 力】

    山梨交通株式会社

     

    【企画協力】

    株式会社 ホワイトインターナショナル

     

      一 般 大学生
    観覧料 1,000円(840円) 500円(420円)
    ※ ( )内は20名以上の団体料金、前売券、県内宿泊者割引
    ※高校生以下の児童・生徒は無料
    ※県内65歳以上の方(健康保険証等持参)は無料
    ※障害者手帳をご持参の方と介護の方1名は無料
    ※前売券は山梨県立美術館にて、7月18日(土)~8月31日(月)まで販売
  • 関連イベント


    ■こども美術館「見てみて、ピカソ!~光でお絵かき~」

    ピカソみたいに、光で写真にお絵かきをしましょう!そのあと、みんなでピカソ展を鑑賞します。

    【日時】 第1回:9月19日(土) 10:00~11:00 /  第2回:9月20日(日) 10:00~11:00

    ※ 参加はどちらか一日のみとなります。

    【対象】 小学生とその保護者

     

    《申し込み方法》

    FAXまたは電話にてお申し込み下さい。その際、①~⑤の事項を必ずお伝えください。
    ① 参加希望日 ② 氏名 (ふりがな) ③ 年齢(学校名・学年)
    ④ 電話番号(Fax番号) ⑤ 参加される保護者名

    《申し込み先》
    山梨県立美術館「こども美術館」係
    TEL:055-228-3322 FAX:055-228-3324 

     

    ■記念講演会 「ピカソの生涯と作品」

    ピカソの生涯と作品について、スペイン20世紀美術の研究者である岡村多佳夫氏が講演を行います。

    【日時】 9月23日(水・祝) 14:00~15:30頃

    【講師】 岡村 多佳夫氏 (東北芸術工科大学 / 共立女子大学 講師、美術史家)

    【場所】 総合実習室 (申し込み不要、聴講無料)

     

    ■担当学芸員のギャラリー・トーク

    【日時】 10月3日(土) 14:00~

    【場所】 特別展示室(申し込み不要、本展チケットが必要)

  • その他の年度の展覧会はこちら

    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年
    2009年
    2008年
    2007年以前
pagetop