TOP 特別展 年間スケジュール 美し、やまなし、パワー!山梨の女性アーティストたち

特別展情報

  • 展覧会紹介


    明治時代の南画家・野口小蘋や、大正時代に女性初の二科会会友となった埴原久和代、戦後に県内の女性画家たちを牽引した佐野智子、新しいジャンルでは『エースをねらえ!』のマンガ家・山本鈴美香など、山梨県にゆかりのある様々な女性アーティストたちが県内外で活動をしてきました。

     

    本展では、山梨県にゆかりのある明治から現代に至るまでの約30名の女性アーティストたちに焦点を当てます。油彩や日本画など既に確立したジャンルの他にも、インスタレーション、マンガ、デザインといった近年重要視されるようになった表現による作品も展示します。

     

    山梨県立美術館では、30数年にわたる歩みのなかで、郷土の芸術家たちを多数紹介してきましたが、女性アーティストたちの歴史と作品をテーマにした展覧会は初の開催となります。パワーと個性に満ちた約80点の作品をお楽しみください。

     

     

    第1章: 「女流」の時代 

    明治時代から昭和時代にかけて活躍した、山梨県にゆかりのある物故の女性作家の作品を中心に展示します。

    当時は「女流」として男性作家から区別され、作家として生きることがきわめて難しい時代でした。ごく一部の女性たちにしか作家への道は開かれておらず、作品が残ることも少なかったのではないかと考えられます。

    第1章では、そのような困難な時代に作家への道を切り拓いた女性作家たちによる日本画や油彩を展示します。

     

    <出品作家>

    野口小蘋、野口小蕙、埴原久和代、竹田春子、桑原浜子

     

    201606_野口小蘋.jpg

    野口小蘋 《西王母図》 1890年 絹本着色 株式会社十一屋蔵

     

    201606_埴原久和代.jpg

    埴原久和代 《無題(臨海風景)》 1929年 油彩・麻布 山梨県立美術館蔵

     

     

    第2章: 戦後から現代へ

    おもに第二次世界大戦以降から現代にかけて活躍してきた、山梨県にゆかりのある女性作家による作品を展示します。

    第1章の作家たちが生きた時代と比較すれば、戦後以降、女性が活躍できる場は格段に増え、作家としての立場を貫くことも不可能ではなくなりました。その変化は自然に訪れたのではなく、作家ひとりひとりの個人的な挑戦があったからこそ勝ち得たものでしょう。結婚や出産などの大きなライフイベントを迎えながら制作を続ける作家、日本の枠から出て海外で活躍する作家、後進作家たちの育成や地域の文化振興のために尽力する作家など、さまざまな人生に裏打ちされて制作が継続されました。

    第2章では、油彩、日本画、版画、立体の各ジャンルから作品を選び、ジャンルごとに展示を行います。

     

    <出品作家>

    佐野智子、小林一枝、堀内洋子、五味祥子、八代美紀、鈴木美江、安藤峯子、宇野さおり、ナカノ163、窪咲子

     

    201606_佐野智子.JPG

    佐野智子 《自画像》 油彩・麻布 韮崎大村美術館蔵

     

    201606_鈴木美江.jpg

    鈴木美江 《春宵》 1990年 紙本着色 山梨県立美術館蔵

     

    201606_堀内洋子.jpg

    堀内洋子 《夏の名残り》 油彩・麻布 個人蔵 

     

     

    第3章: 女性へのまなざし 

    芸術と女性の関係を考える際に、作家としての女性という側面の他に、もうひとつの重要な面が存在します。それは、作品のテーマやモチーフとしての女性あるいは女性の身体です。女性の身体は古くから様々な地域の造形表現のモチーフとして用いられ、そこには様々な意味が付されてきました。

    第3章では、20世紀から現代に活躍してきた山梨県ゆかりの作家が手がけた、女性がモチーフとなった作品を展示します。

     

    <出品作家>

    小川リヱ、村岡由梨、松田百合子

     

    201606_松田百合子.jpg

    松田百合子 《La prière》 1988年 陶 個人蔵

     

     

    第4章: 表現の可能性

    近年、すでに確立されたジャンルに分類されるような作品だけでなく、インスタレーションやデザイン、マンガといった、新たに芸術のジャンルとして重要視されるようになった表現手法による作品や、複数の要素を併せ持ち既存のジャンルに分類することが難しいような作品、また、伝統的な技法を用いながらも新しい表現を追究している作品などが数多く登場しています。

    第4章では、山本鈴美香『エースをねらえ!』や、プロダクトデザイナー・柴田文江によるソファなど、ジャンルにとらわれない様々な作品を展示し、女性作家の最近の動向と、未来に繋がる新しい表現の可能性について紹介します。

     

    <出品作家>

    団野雅子、秋山泉、徳丸鏡子、浅川洋、早野恵美、秋山早苗、古屋真知子、丸山純子、青島みどり、山本鈴美香、柴田文江

     

    201606_丸山純子.jpg

    丸山純子 《無音花畑・NYK》 2007年 インスタレーション

     

    201606_秋山泉.jpg

    秋山泉 《静物ⅩⅣ-2012》 鉛筆・紙 個人蔵

     

  • 開催概要


    【名 称】

    美し、やまなし、パワー! 山梨の女性アーティストたち         

     

    【会 場】

    山梨県立美術館 南館2階 特別展示室

     

    【会 期】

    2016年6月25日(土)~8月21日(日) 

     

    【休館日】

    月曜日 ※7月18日(月)・8月8日(月)・15日(月)を除く

     

    【開館時間】

    9:00~17:00(入館は16:30まで)

     

    【主 催】

    山梨県立美術館

     

    【後 援】

    山梨日日新聞社・山梨放送、テレビ山梨、テレビ朝日甲府支局、朝日新聞甲府総局、毎日新聞甲府支局、読売新聞甲府支局、日本経済新聞社甲府支局、産経新聞社甲府支局、共同通信社甲府支局、時事通信社甲府支局、山梨新報社、日本ネットワークサービス、エフエム富士、エフエム甲府、女流画家協会

     

    【協 力】

    山梨交通株式会社

     

      一 般 大学生
    観覧料 1,000円(840円) 500円(420円)
    ※( )内は20名以上の団体料金、前売料金、県内宿泊者割引料金
    ※高校生以下の児童・生徒は無料
    ※山梨県内在住の65歳以上の方は無料(健康保険証等持参)
    ※障害者手帳をご持参の方は、ご本人と介護の方1名が無料
    ※前売券は山梨県立美術館にて、5月25日(水)~6月24日(金)まで販売
  • 関連イベント


    ※日時やタイトルは、変更になる可能性がございます。

     

    ■記念講演会「日本の女性アーティストたち、その評価の歴史と活動について」

    【講師】 小勝禮子氏(近現代美術研究、ジェンダー論。前栃木県立美術館学芸課長)

    【日時】 6月25日(土) 14:00~15:30

    【場所】 講堂 ※申し込み不要、聴講無料

     

    ■銅版画の刷り実演とギャラリー・トーク

    銅版画家のナカノ163氏による、銅版画の一版多色刷りの実演とギャラリー・トーク。

    【講師】 ナカノ163氏(本展出品作家)

    【日時】 7月3日(日) 13:30~15:00

    【場所】 工房、特別展示室 ※申し込み不要、参加無料

     

    ■ミュージアム・シアター「劇場版 エースをねらえ!」(アニメーション・1979年)

    【日時】 7月16日(土) 13:30~(約88分)

    【場所】 講堂 ※申し込み不要、入場無料

     

    ■みんなでつくる美術館ワークショップ「音の色、音の形 ~図工オーケストラ~」

    音を探して、その音の色や形をいろんな素材で作って展示します。

    【講師】 丸山純子氏(本展出品作家)

    【日時】 7月29日(金) 13:30~15:30

    【場所】 ワークショップ室 ※申し込み不要、参加無料

     

    ■大人のための美術講座 「美術史と女性(仮題)」

    【日時】 8月14日(日) 13:30~14:00

    【場所】 講堂 ※申し込み不要、聴講無料

     

    ■担当学芸員によるギャラリー・トーク

    【日時】 8月14日(日) 14:30~

    【場所】 特別展示室 ※特別展チケットが必要です。

  • その他の年度の展覧会はこちら

    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年
    2009年
    2008年
    2007年以前
pagetop