TOP 特別展 年間スケジュール 国立美術館巡回展 煌めく名作たち

特別展情報

  • 展覧会紹介


     国立美術館巡回展は、独立行政法人国立美術館の所蔵作品を効果的に活用し、地域での鑑賞機会の充実、および美術の普及をはかることを趣旨とした事業です。 

     

     本展は、国内有数の近現代美術を所蔵する京都国立近代美術館と東京国立近代美術館から、近代の日本画と洋画、近現代の工芸を代表する作家69名による選りすぐりの作品約80点を一堂に会します。

     

     日本画は、竹内栖鳳をはじめ、村上華岳、土田麦僊、甲斐庄楠音、上村松園ら近代京都画壇の作品。洋画は、岸田劉生、藤島武二、須田国太郎、安井曾太郎、藤田嗣治ら東西を問わず、また海外においても活動した画家たちの作品。工芸は、陶芸から富本憲吉、河井寬次郎、十五代楽吉左衞門ら、染織から志村ふくみら、さらには漆工芸、竹工の京都の作家を中心に名作を紹介します。

     

     

    ◆第1章 京都の近代日本画

     本章では、代表的な画家たちの作品によって京都の近代日本画壇を概観します。

     

     明治維新後、京都の日本画壇は、竹内栖鳳をはじめ、菊池芳文、谷口香嶠、都路華香ら、いわゆる幸野楳嶺門下の四天王をおもに、円山・四条派の伝統を基礎とした日本画の近代化がはかられました。中でも栖鳳は自然主義的な洋風表現を取り入れることで新しい日本画の創造に努め、独自の作風を築き上げます。また、山元春挙もはやくから洋画に着目して自然主義的な作風を追求しています。

     明治40年に開設された文部省美術展覧会(文展)にはじまる官展系展覧会が隆盛を見た明治後期において、栖鳳、春挙、芳文のほか、菊池契月、上村松園、西村五雲、西山翠嶂、川村曼舟、橋本関雪、石崎光瑤など、京都の画家たちは競うように出品して高い評価を得ました。そうした中で、大正期になると審査基準に疑問を呈する画家も表れ、1918(大正7)年、土田麦僊、村上華岳、小野竹喬、榊原紫峰、入江波光らによって日本画革新運動を旨とする国画創作協会が結成され、後に伊藤草白、甲斐庄楠音らが活躍しました。文展は帝展となり、第二次大戦までには、福田平八郎、堂本印象、徳岡神泉らの台頭、国画創作協会解散後の麦僊、竹喬の復帰などにより隆盛を見せました。

     戦後は、旧来の価値観や日本画に対する概念の混乱が続く中で、すでに新たな画境を開いていた平八郎、神泉のほか、竹喬、印象、山口華楊、池田遙邨らも独自の絵画世界を展開しました。その後、昭和40年代後半からはじまる日本の経済的繁栄につれて、京都の日本画壇は安定期へと入っていくことになります。

     

    201609_1.jpg

    村上華岳 《夜桜之図》 大正2年 京都国立近代美術館蔵

     

    201609_2.jpg

    石崎光瑤 《熱国妍春》(左隻) 大正7年 京都国立近代美術館蔵

     

    201609_3.jpg

    竹内栖鳳 《秋興》 昭和2年 京都国立近代美術館蔵 

     

    ◆第2章 近代の洋画

     本章では、近代に活躍した代表的な洋画家たちの作品を紹介します。

     

     日本近代洋画の父と称される黒田清輝をはじめ、黒田の白馬会創立にも参加した藤島武二、黒田に師事した岸田劉生、藤田嗣治のほか、藤島に師事した小磯良平、佐伯祐三ら東京画壇の洋画家たちと、京都画壇における中心的人物となった浅井忠、浅井に師事した梅原龍三郎と、鹿子木孟郎、須田国太郎、安井曾太郎ら京都の洋画家たちの代表的作品を一堂に会します。

     

    201609_4.jpg

    【重要文化財】

    岸田劉生 《道路と土手と塀(切通之写生)》  大正4年 東京国立近代美美術館蔵

     

    201609_5.jpg

    安井曾太郎 《婦人像》 昭和5年 京都国立近代美術館蔵

     

    201609_6.jpg

    藤島武二 《花籠》 大正2年 京都国立近代美術館蔵

     

    201609_7.jpg

    須田国太郎 《校倉(乙)》 昭和18年 京都国立近代美術館蔵

     

    ◆第3章 京都をめぐる工芸

     平安遷都以来、京都で連綿と受け継がれてきた工芸は明治維新後の輸出貿易を経て、形骸化した造形や装飾からの新たな展開を要しています。本章では伝統や技巧至上主義などから脱却し、より自由な創作が求められた時代の陶芸を中心に、漆芸、竹工芸、染織の分野から京都とゆかりの深い作家が昭和以降に制作した作品を紹介します。

     

     京都市立京都市陶磁器試験所で釉薬の研究をしていた河井寛次郎と濱田庄司は大正期末、柳宗悦を筆頭に民衆の手による工芸品に着目しました。1927(昭和2)年、第8回帝展に第四部(工芸)が設置され、京都からは五代、六代清水六兵衛らが出品しました。そのような中、古陶磁研究などを通じて独自の陶芸を確立していった北大路魯山人や石黒宗麿の存在も注目に値します。

     戦後、富本憲吉を中心に新匠美術工芸会が結成される他、伝習生であった八木一夫や、鈴木治らが「走泥社」を結成し、後に用途をもたない非器物的造形の制作を行いました。

     また本展では桃山時代より続く樂焼を引き継ぎながら、今日の新しい息吹を吹き込む十五代樂吉左衞門の作品も紹介します。

     漆芸では黒田辰秋、竹工芸では日本伝統工芸展を中心に活動した五世早川尚古齋、染織では友禅の森口華弘や紬織の志村ふくみらを紹介します。

     

    201609_8.jpg

    富本憲吉 《色絵金銀彩飾壺》 昭和28年 京都国立近代美術館蔵

     

    201609_9.jpg

    北大路魯山人 《磁器赤絵筋文中皿》 昭和25年 京都国立近代美術館蔵

     

  • 開催概要


    【名 称】

    国立美術館巡回展 煌めく名作たち        

     

    【会 場】

    山梨県立美術館 南館2階 特別展示室

     

    【会 期】

    2016年9月3日(土)~10月10日(月・祝) 

     

    【休館日】

    9月5日(月)、12日(月)、20日(火)、26日(月)、10月3日(月)

     

    【開館時間】

    9:00~17:00(入館は16:30まで)

     

    【主 催】

    山梨県立美術館、京都国立近代美術館

     

    【後 援】

    山梨日日新聞社・山梨放送、テレビ山梨、テレビ朝日甲府支局、朝日新聞甲府総局、毎日新聞甲府支局、読売新聞甲府支局、日本経済新聞社甲府支局、産経新聞社甲府支局、共同通信社甲府支局、時事通信社甲府支局、山梨新報社、日本ネットワークサービス、エフエム富士、エフエム甲府

     

    【協 力】

    山梨交通株式会社

     

      一 般 大学生
    観覧料 1,000円(840円) 500円(420円)
    ※( )内は20名以上の団体料金、前売料金、県内宿泊者割引料金
    ※高校生以下の児童・生徒は無料
    ※山梨県内在住の65歳以上の方は無料(健康保険証等持参)
    ※障害者手帳をご持参の方は、ご本人と介護の方1名が無料
    ※前売券は山梨県立美術館にて、8月3日(水)~9月2日(金)まで販売
  • 関連イベント


    ■記念講演会「美術館とコレクション」

    【講師】 柳原正樹氏(京都国立近代美術館館長)

    【日時】 9月3日(土) 14:00~

    【場所】 講堂(申し込み不要、聴講無料)

     

    ■こども美術館「体験!きらきら日本びじゅつ」

    近現代美術の名品を体験したり味わったりしながら鑑賞します。

    【日時】 9月17日(土) ①10:00~11:30 ②13:30~15:00

        ※開始10分前までにお集まりください

    【場所】 ワークショップ室

    【対象】 小学生(1~3年生は保護者同伴)

    【定員】 各回15名

    【申込期間】 8月17日(水)~9月16日(金)

     

    《お申し込み方法》

    FAXまたは電話にてお申し込みください。

    ①参加希望コース(午前/午後) ②氏名(ふりがな) ③学年

    ④電話番号(FAX番号) ⑤付き添いの保護者の人数

    以上を必ず記入、または電話でお伝えください。

     

    《お申し込み先》

    山梨県立美術館「こども美術館」係

    TEL:055-228-3322 FAX:055-228-3324

    ※開館日の9:00~17:00

     

    ■特別展記念コンサート

    【日時】 9月19日(月・祝) 14:00~14:40

    【演奏】 常盤会(筝・尺八)

    【場所】 講堂(申し込み不要、入場無料)

    【定員】 先着120名

     

    ■ミュージアム・シアター「美の巨人たち」

    【日時】 9月24日(土) 13:30~(約50分)

    【場所】 講堂(申し込み不要、入場無料)

     

    ■大人のための美術講座

    ギャラリートーク前のちょっとお得なレクチャーです。

    【日時】 10月1日(土) 13:30~14:00

    【場所】 講堂(申し込み不要、聴講無料)

     
    ■担当学芸員によるギャラリー・トーク

    【日時】 10月1日(土) 14:00~

    【場所】 特別展示室(特別展チケットが必要です)

     

     

  • その他の年度の展覧会はこちら

    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年
    2009年
    2008年
    2007年以前
pagetop