TOP 特別展 年間スケジュール 狩野芳崖と四天王 ー近代日本画、もうひとつの水脈ー

特別展情報

  • 展覧会紹介


    狩野芳崖と四天王 ー近代日本画、もうひとつの水脈ー

    平成29年11月3日(金・祝)~12月17日(日)
    前期:11月3日~11月26日 / 後期:11月28日~12月17日 
    ※前期・後期で大幅な展示替えをします。

     

                           

                          【重要文化財】

                          狩野芳崖 《悲母観音》 明治21年 東京藝術大学蔵 
                                展示期間 平成29年12月2日~17日

     

    近代日本画の黎明期を代表する画家、狩野芳崖(1828~1888)。畢生の大作《悲母観音》は、近代日本画の原点と称えられ、記念碑的作品として日本美術史に燦然と輝きます。その芳崖に師事した最後の弟子、岡倉秋水(1869~1950)、岡不崩(1869~1940)、高屋肖哲(1866~1945)、本多天城(1867~1946)は、次代の画壇を担う「四天王」として嘱望されました。しかし、芳崖が東京美術学校(現、東京藝術大学)の開校直前に没し、画壇が岡倉天心に牽引された横山大観、菱田春草ら、後に日本美術院で活躍する気鋭の画家たちで占められると、彼らは中央画壇から遠ざかり、今では忘れ去られた存在となってしまいました。

    本展は、彼ら四天王に光を当てた初めての展覧会です。知られざる画業を新出作品や初紹介資料等を通じて多角的に辿るとともに、芳崖をはじめ、橋本雅邦ら近代日本画の基礎を築いた画家たちの代表作、さらには近代日本画の未来を切り開いていった大観、春草らの作品もあわせて約90点を展観します。

    ※会期中、大幅な展示替えをします。

     

    【主な展示作品】

    第1章 狩野芳崖と狩野派の画家たち―雅邦、立嶽、友信― 
    室町時代以来、400年以上にわたって画壇の覇者であった狩野派は、江戸幕府の崩壊とともに終焉を迎えます。将軍家をはじめ、諸大名家の御用絵師として日本全国に行き渡ったその勢力は、庇護者を失うことで衰退の一途を辿ることとなりました。
    長府藩御用絵師の家に生まれ、将来を約束されていた狩野芳崖(1828~1888)も例外でなく、禄を失った維新後しばらくは辛酸をなめますが、転機が訪れます。明治15(1882)年の第一回内国絵画共進会において、お雇い外国人アーネスト・フェノロサ(1853~1908)に見出され、以降は、フェノロサとともに日本画革新運動を実現化すべく作品の制作に励み、おもに鑑画会において発表しました。畢生の大作であり、近代日本画の歴史における記念碑的作品《悲母観音》をはじめ、数々の実験的とも言える作品を生み出した芳崖は、近代を代表する画家として筆頭に挙げられるでしょう。 本章では、芳崖のほかに木挽町狩野家で共に切磋琢磨した橋本雅邦[はしもと がほう](1835~1908)、木村立嶽[きむら りつがく](1825~1890)の名品をあわせて紹介することで、狩野派の正統を受け継ぎながら、近代日本の黎明期を生き抜いた輝かしい模索の足跡を紹介します。 

     

              

    狩野芳崖 《仁王捉鬼図》             狩野芳崖 《伏龍羅漢図》                  狩野芳崖 《大鷲》
    明治19年 東京国立近代美術館蔵       明治18年 福井県立美術館蔵               明治21年 東京藝術大学蔵

    [前期]                    [後期]                        [前期]

     

    橋本雅邦 《深山猛虎図》 明治18~22年頃  泉屋博古館分館蔵 

     [前期]

     

    第2章 芳崖四天王―芳崖芸術を受け継ぐ者―
    「芳崖四天王」とは、狩野芳崖の高弟である岡倉秋水[おかくら しゅうすい](1867~1950)、岡不崩[おか ふほう](1869~1940)、高屋肖哲[たかや しょうてつ](1866~1945)、本多天城[ほんだ てんじょう](1867~1946)の4人を指します。4人は最晩年の芳崖に師事し、早くから鑑画会を舞台に活躍するなど、日本画の新しい担い手として将来を嘱望されていました。また彼らは妙義山の写生旅行に同行し、絶筆《悲母観音》の制作を間近で目撃するなど、芳崖藝術の正当な継承者として目されていました。しかしながら、明治21年(1888)に師を病で亡くした後は、東京美術学校に入学するものの、次第に画壇と距離を置き、それぞれ表舞台から姿を消していきます。
    四天王は芳崖没後も変わらず師の教えを信奉し、芳崖藝術の墨守に重きを置いていました。彼らは積極的に師の顕彰に努め、またその制作には芳崖の影響―画題、図様、筆遣いや色彩感覚など―を多分に感じることができます。このような四天王の活動とその存在は、芳崖から東京美術学校(現、東京藝術大学)、日本美術院へと続く革新的な近代日本画の流れとは異なる“もうひとつの水脈”を形成し、近代日本画の多様性を示します。
    本章では、四天王の画業を辿ることで、芳崖が遺したもの、そして明治維新により終焉を迎えた狩野派のアフターストーリーを見つめ直します。
     

     岡倉秋水 《矢面》 明治40年 福井県立美術館蔵 

    [前期]

     

     

     高屋肖哲 《高野物狂》大正14年 三宝院蔵  

    [全期間]  

                                              

       岡不崩 《菊花図》(右幅) 制作年不詳 福井県立美術館蔵 [前期]

     

     

    本多天城 《山水》 明治35年川越市立美術館蔵  [後期]

     


     

    第3章 四天王の同窓生たち=「朦朧体の四天王」による革新画風  
    狩野芳崖亡きあと、フェノロサと岡倉覚三(天心)が牽引した日本画革新を担ったのは、橋本雅邦でした。明治22(1889)年に開校した東京美術学校(現、東京藝術大学)で雅邦が指導したのは芳崖門下の四天王の他に、ここで紹介する横山大観や菱田春草、下村観山、西郷孤月、木村武山らでした。
    狩野派の筆法を基礎に西洋画の表現法を加味した雅邦の制作は、美校で学ぶ若き彼らに大きな影響を与えましたが、なかでも大観、春草、観山、孤月の四人は在学中はもとより、さらに明治31年に在野となった天心と雅邦らが新たに創立した日本美術院でも、さらに革新的な日本画創造の実験に取り組みました。天心が示した「日本画で光を描け」という課題に対して大観らが編みだしたのが没線主彩による「朦朧(もうろう)体」と呼ばれた表現でした。
    当初、朦朧体は輪郭がはっきりせず表現目的が不可解であるなど批難され、大観・春草・観山・孤月(のち武山に代わる)らは「朦朧体の四天王」などとも揶揄されました。しかし、明治30年代から末期まで続けられた朦朧体改良の試みは、やがて次代の日本画の基盤になるような変容を遂げることになります。
    ここでは、「芳崖四天王」の同窓であり、従来の近代日本画史の上で主流と記されてきた「朦朧体の四天王」たちの作品を紹介します。
     

     

     横山大観 《湖上の月》 (右隻)大正9年 福井県立美術館蔵 [後期]

     

     下村観山 《菊瀧》(左幅) 明治41年頃 個人蔵 [全期間]

     

    木村武山 《祇王祇女》 明治41年 永青文庫蔵 [後期]

     

     菱田春草 《落葉》 明治42~43年頃 福井県立美術館蔵  [前期]

     

     

     

     山梨県立美術館Facebook↓でも紹介しております。合わせてご覧ください。

     

  • 開催概要


    【開催概要】
    名   称 : 狩野芳崖と四天王―近代日本画、もうひとつの水脈―          
    会   場 : 山梨県立美術館 特別展示室
    会   期 : 2017年11月3日(金・祝)~12月17日(日) 
    休  館  日 : 月曜日(11月20日は開館)
    開 館 時 間 : 午前9:00~午後5:00(入館は午後4:30まで)
    主   催 : 山梨県立美術館 テレビ山梨 読売新聞社 美術館連絡協議会
    協   賛 : ライオン 大日本印刷 損保ジャパン日本興亜
    後   援 : 山梨日日新聞社・山梨放送  テレビ朝日甲府支局 朝日新聞甲府総局
             毎日新聞甲府支局 産経新聞甲府支局  共同通信社甲府支局
             時事通信社甲府支局 山梨新報社  日本ネットワークサービス
             エフエム富士 エフエム甲府
    協   力 : 日本通運 山梨交通

     

     

      一 般 大学生
    観覧料 1,000円(840円) 500円(420円)
    *( )内は20名以上の団体料金、前売料金、県内宿泊者割引料金
    *高校生以下の児童・生徒は無料
    *県内65歳以上の方は無料(健康保険証等持参)
    *障害者手帳をご持参の方、及びその介護をされる方は無料
    *前売券は山梨県立美術館にて、10月3日(火)~11月2日(木)まで販売
    *11月20日(月)の県民の日は観覧無料
  • 関連イベント


    【関連イベント】 
    ※内容は変更となる場合があります。

     

    ◎記念シンポジウム「なぜ今、芳崖四天王を評価するのか」
    日   時 12月9日(土) 13:30~
    パネリスト 佐藤道信氏(東京藝術大学教授)/古田亮氏(東京藝術大学大学美術館准教授)
             野地耕一郎氏(泉屋博古館分館館長)/椎野晃史氏(福井県立美術館学芸員)
    場   所 講堂(聴講無料、申し込み不要)


    ◎こども美術館「“にほん”がへんしん!“にほんが”へ~んしん!」
    日   時  11月23日(木・祝) ①10:00~11:30 ②13:30~15:00
    場   所  ワークショップ室
    対   象  小学生(1~3年生は保護者同伴)

                      ※各回定員20名[保護者含む]、参加無料、申し込みが必要)
    申し込み期間 10月24日(火)~11月17日(金)


    ◎担当学芸員のギャラリートーク
    日   時 11月18日(土)、12月2日(土)  14:00~
    場   所 特別展示室(申し込み不要、本展チケットが必要です)
     

    ◎ミュージアム・シアター
    「日本の美術 十 横山大観 流転の名画 海山十題」
    日   時 11月25日(土) 13:30~(52分)
    場   所 講堂(申し込み不要、入場無料)


    ◎記念コンサート
    日   時 11月19日(日)  14:00~14:40
    演   奏 白石博健氏(二胡)
    場   所 本館1Fロビー(申し込み不要、鑑賞無料)
     

  • その他の年度の展覧会はこちら

    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年
    2009年
    2008年
    2007年以前
pagetop