TOP 特別展 年間スケジュール

特別展情報

  • 展覧会紹介


    山梨県立美術館開館40周年記念
    魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド

    2018年6月30日(土)~8月26日(日)

     

    ☆「魔法の美術館」へご来場のみなさまへおねがい☆

    ・展示室内が混雑しますので、ベビーカーのお持込みをご遠慮いただいております。

     ベビーカーは1階受付でお預かりいたします。

    ・展示室内での飲食はご遠慮いただいております。(お飲み物のみロビーでは可)

     カバンにしまっていただくか、無料のコインロッカーをご利用ください。

    ・「魔法の美術館」での写真・動画撮影は可能です。(フラッシュはNG)

    ・作品によってはお待ちいただく場合もございます。ご了承ください。

     

     

    まるで魔法にかけられたように、光ったり、動いたり、映像や音が変化したりする不思議な作品たちがみなさまをお待ちしています。体を動かすことで音や光をダイナミックに操ることができる作品や、絵本の世界に迷い込んだような幻想的な作品など、子どもも大人も直感的に楽しめる体感型アートの展覧会です。光と影が織りなす魔法のアートの世界を、ぜひお楽しみください。

     ☆本展は、撮影OK(フラッシュ不可)、SNS等への画像のアップOKです。

     

     

    坪倉輝明《七色小道》

    ©teruaki TSUBOKURA

    人が通ると色や光が地面にあふれ、まるで七色の道を散歩しているかのような体験ができます。

     

     

     

    小松宏誠《Lifelog_シャンデリア》《Lifelog_モビール》

    ©kosei KOMATSU

    ガチョウの羽根でできたシャンデリアが回転し、木漏れ日のような光と影が広がります。

     

     

     

    重田佑介+Zennyan《よるにおもう》

    ©yusuke SHIGETA+Zennyan

    夜空を旅するように、本を手に歩きながら楽しむ、ピクセルアニメーション作品です。

     

     

     

    宮本昌典/田中陽《portrait》

    ©masanori MIYAMOTO/you TANAKA

    額縁の中に自分の肖像画が現れ、動き出します。

     

     

     

    藤本直明《色のある夢》

    ©naoaki FUJIMOTO

    カラフルな蝶々が飛び回る空間に入ると、自分の影が七色になって現れます。

     

     

     

    田中陽《shichihenge》

    ©you TANAKA

    壁一面に自分のシルエットが映り、さまざまな形に七変化します。

     

     

     

    的場やすし/山野真吾/徳井太郎《SplashDisplay》

    ©yasushi MATOBA/shingo YAMANO/taro TOKUI 協力:電気通信大学小池研究室

    ボールを的に当てると、色とりどりの光の粒が、噴水のように一気に高く舞い上がります。

     

     

     

    岡田憲一《Traces》

    ©kenichi OKADA

    部屋の中を歩き回ると、自分の姿が現れ、自分が歩いた軌跡が映し出されます。 

     

     

     

    森脇裕之《echo》

    ©hiroyuki MORIWAKI

    円盤を手で回すと光が生じ、円盤の中を飛び回ります。宇宙をテーマにした作品です。

     

     

     

    宮本昌典/小岩原直志《ensemble silhouette》

    ©masanori MIYAMOTO/tadashi KOIWAHARA

    五線譜に星のシルエットを置くと、さまざまなメロディが流れる不思議な音楽装置です。

     

     

     

    志村陽子/松尾謙《水の緒さがし》

    ライトを花や波紋に向けると、そこから音が聞こえてくる幻想的な作品です。志村陽子は山梨在住の作家です。

     

     

  • 開催概要


     

    名     称 : 魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド

    会       場 : 山梨県立美術館 特別展示室

    会       期 : 平成30年6月30日(土)~8月26日(日)

    休  館  日  : 月曜日(7月16日、8月13日は開館)、7月17日

    開 館 時 間  : 午前9:00~午後5:00 (入館は午後4:30まで)

    主      催 : 山梨県立美術館  テレビ山梨

    特 別 協 賛  : 桔梗屋

    後      援  :  山梨日日新聞社・山梨放送 テレビ朝日甲府支局 朝日新聞甲府総局

               毎日新聞甲府支局 読売新聞甲府支局 産経新聞甲府支局

               共同通信社甲府支局 時事通信社甲府支局 山梨新報社

               日本ネットワークサービス エフエム富士 エフエム甲府

    協       力  :  山梨交通株式会社

    企 画 協 力  :  ステップ・イースト

     

      一 般 大学生
    観覧料 1,000円(840円) 500円(420円)
     *( )内は20名以上の団体料金、前売料金、県内宿泊者割引料金
     *高校生以下の児童・生徒は無料(高校生は生徒手帳持参)
     *県内65歳以上の方は無料(健康保険証等持参)
     *障害者手帳をご持参の方、およびその介護をされる方は無料
     *前売券は山梨県立美術館にて、 5月30日(水)~6月29日(金)まで販売
  • 関連イベント


    ◎記念講演会「芸術≠技術≠魔術:メディア・アートの可能性と歴史の忘却」

    最新のメディア・アートの動向や思想について、金沢21世紀美術館で現代アートの展覧会を手がける髙橋洋介氏が講演を行います。

    講師 : 髙橋洋介氏 (金沢21世紀美術館学芸員)

    日時 : 7月21日(土)14:00~15:30

    場所 : 講堂

    ※申し込み不要、聴講無料

     

    ◎こども美術館「ウゴケ!コマ! コマ撮りアニメーション」

    ブロックやタブレットを使って、自分だけのコマ撮りアニメーションを作りましょう。

    講師 : 重田佑介氏(本展出品作家)

    日時 : 7月15日(日) ①10:00~12:00  ②13:30~15:30

    対象 : 小学生・中学生(小学1~3年生は保護者同伴、各回10名程度)

    場所 : ワークショップ室

    ※要申し込み、参加無料

     

    ☆「こども美術館」の申し込みについて

    申し込み期間  :  6月12日(火)~7月8日(日)

    申し込み方法  : Faxまたは電話でお申し込みください。

    ①参加希望時間 ②全員の氏名(付き添いの方も含む) ③年齢(学年) ④電話番号(Fax番号)

    申し込み先  : 〒400-0065 山梨県甲府市貢川1-4-27 山梨県立美術館「こども美術館」係

               Tel. 055-228-3322  Fax. 055-228-3418

     

    ◎大人のための美術講座「光と動きのアート」

    光や動きを表現した美術作品やその歴史についてお話します。

    講師 : 担当学芸委員

    日時 : 7月29日(日) 14:00~14:45

    場所 : 講堂

    ※申し込み不要、聴講無料

     

    ◎ミュージアム・シアター

    「月世界旅行」(監督:ジョルジュ・メリエス、1902年、16分)

    「メリエスの素晴らしき映画魔術」(監督:セルジュ・ブロンベルグ他、2011年、63分)

    映画の魔術師ジョルジュ・メリエスによる、史上初のSF映画「月世界旅行」のカラー版。映画黎明期にまるで魔法のような映像技術を駆使した本作は当時の人々を驚かせました。修復ドキュメンタリーも合わせてお楽しみください。

    日時 : 7月14日(土)13:30~

    場所 : 講堂  

    ※申し込み不要、聴講無料

  • その他の年度の展覧会はこちら

    2018年
    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年
    2009年
    2008年
    2007年以前
pagetop