TOP 特別展 年間スケジュール 「古屋祥子展」

キュレーターズ・アイ


「古屋祥子展」

古屋は、木彫による「象徴的な人間像」(作家)を制作している作家です。それは、あるときは人間を超えた存在であり、あるときは古屋が実際に出会った忘れがたい人々や、見聞きしたり体験したりした現実の出来事がきっかけになって生み出された人間像です。
涙を溜めているように見える青い大きな目が印象的です。女性を表現しているようですが、そうではなく、「人々の営みや自然現象を俯瞰して見ている存在」を表しているのです。《海を汚したのは誰》は、我々に向けられた重い問いかけではないでしょうか。

古屋祥子《海を汚したのは誰》 2011年 楠・ガラスビーズ・真鍮 H60×W52×D43cm

pagetop