TOP コレクション展

コレクション展

  • 山梨県立美術館のコレクション


       山梨県立美術館には、特別展示室の他に、ミレーとバルビゾン派の作品を中心に紹介する<ミレー館>、山梨ゆかりの作家たちの作品を中心に紹介する<テーマ展示室>、甲府市出身の著名な美術家、萩原英雄の作品やコレクションを紹介する<萩原英雄記念室>があります。これらの展示室では、年に4回展示替えを行い、常時「コレクション展」を開催しています。

     これまで独自のテーマで紹介してきた県美コレクションを、開館40周年を迎える本年度は、一年間のリレー企画「県美図鑑」として開催します。春季は日本画、夏季は現代美術、秋季は版画、冬季は洋画を中心に、名品をはじめ、学芸員こだわりの作品など、幅広く、また丁寧に県美コレクションの魅力を紹介します。

  • コレクション展Aミレー館


    第1室では山梨県立美術館のミレーコレクションを、第2室ではバルビゾン派の画家の作品を中心に展示しています。

    ミレー館 第1室
    ジャン=フランソワ・ミレーの生涯

     ミレーの世界

      ミレー館の第1室では山梨県立美術館のミレーコレクションをご覧いただけます。《種をまく人》のほか、《冬(凍えたキューピッド)》《鶏に餌をやる女》《夕暮れに羊を連れ帰る羊飼い》《グレヴィルの断崖》《ポーリーヌ・V・オノの肖像》等を展示しています。新収蔵作品《角笛を吹く牛飼い》は9月11日から展示しています。

     

    ジャン=フランソワ・ミレー 
    《角笛を吹く牛飼い》 制作年不詳 油彩・板

     

     


    ミレー館 第2室
    バルビゾンの画家たち

    バルビゾン派・風景画の系譜

      ルソー、ディアズ、トロワイヨン、デュプレなど、フランスのバルビゾン村で制作を行った「バルビゾン派」の画家たちの作品を紹介しています。

    また、クロード・ロラン、ライスダール、クールベなど、西洋風景画を代表する画家の作品を展示しています。

     

     

    ギュスターヴ・クールベ 《川辺の鹿》 1864年頃 油彩・麻布 

      

    展示期間:2018年12月11日(火)~2019年3月3日(日)
    ※季節に合わせて年4回展示替えを行っています。

  • コレクション展B テーマ展示室


    展示替えごとにテーマを設けて展示します。

    日本の四季 冬を描く/「県美図鑑」Vol.4洋画 ♥あぶらえらぶ♥

    展示期間:2018年12月11日(火)~2019年3月3日(日) ※「日本の四季 冬を描く」は12月4日(火)~2019年3月3日(日)

  • コレクション展C 萩原英雄記念室


        「版の宇宙 さまざまな技法の集積」

    展示期間:2018年12月4日(火)~2019年3月3日(日)
    ※季節に合わせて年4回展示替えを行っています。

pagetop