TOP コレクション展

コレクション展

  • 山梨県立美術館のコレクション


     山梨県立美術館は1978年の開館以来、「ミレーの美術館」として広く親しまれています。

    最初の収蔵品であるジャン=フランソワ・ミレーの《種をまく人》を中心として、ミレーやバルビゾン派の作家、ヨーロッパの主要な風景画家、ならびに山梨ゆかりの作家や日本の近現代作家の作品収集に力を注いでいます。

     

    所蔵品の総点数は現在約1万点にもおよび、コレクション展は年4回展示替えを行っています。

    ミレーやコロー、ルソーといったバルビゾン派を主に紹介する「ミレー館」、望月春江や近藤浩一路など山梨ゆかりの作家や日本近現代の重要な作家を多彩なテーマで紹介する「テーマ展示室」、版画作品で知られる萩原英雄の作品や蒐集品を紹介する「萩原英雄記念室」の3室がご覧いただけます。

     


    ■ミレー 《落ち穂拾い、夏》がフランスへ貸し出されます

     

    コレクション展A ミレー館で現在展示中の《落ち穂拾い、夏》を下記の概要で貸出いたします。

     

    【展覧会名】 Jean-François Millet ジャン=フランソワ・ミレー展 (2017年10月12日~2018年1月21日)

    【会場】 パレ・デ・ボザール リール宮殿美術館

    【当館でご鑑賞いただけない期間】 2017年9月11日~2018年3月12日

     

    同展は、フランス本国で開催される約40年ぶりの大規模なミレー展となります。

     

    m_1.jpg

    《落ち穂拾い、夏》  1853年 油彩・麻布

     

    なお、本作品が不在中のコレクション展秋ではミレーのパステル画を展示予定です。

    明るい色彩で戸外の瑞々しさを捉えた作品で、保存上の理由から常時展示を行っていない作品となります。

    この機会に是非、足をお運びいただければと思います。

     

    m_2.jpg

    《雁を見上げる羊飼いの少女》 1865年 黒クレヨン、パステル・紙

     

    m_3.jpg 

    《ヴォージュ山中の牧場風景》 1868年 パステル・紙

     


    ■お気に入りの作品を教えてください!

     

    山梨県立美術館ではこの度、お気に入りの作品について皆様にお聞きするアンケートを行ないます。

    頂いた回答は開館40周年を記念して開催する、平成29年度コレクション企画展「山梨県立美術館物語-40年間のストーリー&ヒストリー(仮題)」(平成30年1月2日~3月4日)の展示に反映させていただきます。

    ご協力、どうぞよろしくお願いいたします(お一人様1枚まで)。

     

    ◆投票は<こちら>から

    ※収蔵作品は<収蔵作品検索システム>でご覧いただけます。


     

  • コレクション展Aミレー館 作品リスト


    第1室では山梨県立美術館のミレーコレクションを、第2室ではバルビゾン派の画家の作品を中心に展示しています。

    ミレー館 第1室
    ジャン=フランソワ・ミレーの生涯

    ジャン=フランソワ・ミレーは、1814年にフランス西北部のグリュシー村で生まれました。
    小さい頃から絵を描くのが好きだったミレーは、パリの美術学校へ通い、プロの画家になります。
    1849年には、パリから少し離れたバルビゾン村に移住。
    この村で最初に描いた大作が、 《種をまく人》でした。
    1875年に亡くなるまで、ミレーはバルビゾン村に住みつづけ、農民の姿や生活を描きました。


    ミレー館 第2室
    バルビゾンの画家たち

    フランスの首都から60kmほど離れたところに「フォンテーヌブローの森」という大きな森があります。
    その森のまわりにある村のひとつがバルビゾン村です。19世紀前半、この村にはミレーを含めてたくさんの芸術家が集まっていました。
    彼らは、この村の名前をとって「バルビゾン派」と呼ばれています。

    展示期間:2017年6月6日(火)~2017年9月10日(日)
    ※季節に合わせて年4回展示替えを行っています。

  • コレクション展B テーマ展示室 作品リスト


    展示替えごとにテーマを設けて展示します。

     

     

     

     

    ■ 夏季「夏の情景」「なぞなぞ美術館Ⅱ」

     

    ◆第1章 夏の情景

    夏の太陽の恵みを受けて勢いを増す木々や花たち。夏に収穫する麦と、農作業にいそしむ人々。

    そして川や海などの水辺の風景。画家たちがとらえた夏の情景を紹介します。

     

    ◆第2章 なぞなぞ美術館Ⅱ

    昨年の夏につづいて「なぞなぞ美術館Ⅱ」を開催します。

    子供から大人までクイズ形式で楽しみながら作品を鑑賞できる企画です。

    今年は難易度アップ!鋭い観察眼でクイズに挑戦してみてください。最後の特別コーナーでは、とっても不思議なかたちの作品たちが皆さんをお待ちしています。

     

    【特別コーナー「これ、なーんだ?」】

    なぞなぞ美術館Ⅱの最後に、不思議なかたちの作品を集めて展示します。

    どのような作品なのでしょうか。いったい何でできているのでしょうか。クイズと解説を手掛かりに作品をよーく見てみてください。

    展示期間:2017年5月30日(火)~2017年9月3日(日)
    ※季節に合わせて年4回展示替えを行っています。

    望月春江 《白雨》 1937年 紙本着色
    増田誠 《リュー・ムフタール》 1974年 油彩・麻布
    窪譲二 《Limitless》 1990年 アクリル、合板・紙
  • コレクション展C 萩原英雄記念室 作品リスト


    ◆萩原英雄の富士  連作〈三十六富士〉より・夏の風景

     

    山梨県出身の作家・萩原英雄は、抽象的な表現の木版画で注目を集め、国際的にも高い評価を得ています。 〔萩原英雄記念室〕は、萩原が制作した版画や油彩画など3971点と、さまざまな蒐集品888点が当館に寄贈されたことを記念し、それらの作品を展示する場所として開室されました。

     

    夏季のコレクション展Cでは、1981~86年にかけて制作された連作〈三十六富士〉から夏の富士の作品を展示します。この連作のために、萩原は富士山麓に別荘を建て、そこを拠点に各地を取材し、理想の富士の姿を追い求めました。その後も夏を別荘で過ごし、河口湖畔などを描きました。油彩画や水彩画の富士山からは、版画とは異なる開放的な空気や意表をつく構図などが見られ、版画連作の後も富士山とその周辺の環境を愛した様子が伝わってきます。

     

    展示期間:2017年6月6日(火)~2017年9月10日(日)
    ※季節に合わせて年4回展示替えを行っています。

    萩原英雄 《高速終点近し「三十六富士」》 1981-86年 木版
    萩原英雄 《別荘の途》 1989年 油彩・麻布
pagetop