TOP コレクション展

コレクション展

  • 山梨県立美術館のコレクション


     山梨県立美術館には、特別展示室の他に、ミレーとバルビゾン派の作品を中心に紹介する<ミレー館>、山梨ゆかりの作家たちの作品を中心に紹介する<テーマ展示室>、甲府市出身の著名な美術家、萩原英雄の作品やコレクションを紹介する<萩原英雄記念室>があります。これらの展示室では、年に4回展示替えを行い、常時「コレクション展」を開催しています。

    これまで独自のテーマで紹介してきた県美コレクションを、開館40周年を迎える本年度は、一年間のリレー企画「県美図鑑」として開催します。春季は日本画、夏季は現代美術、秋季は版画、冬季は洋画を中心に、名品をはじめ、学芸員こだわりの作品など、幅広く、また丁寧に県美コレクションの魅力を紹介します。

  • コレクション展Aミレー館 作品リスト


    第1室では山梨県立美術館のミレーコレクションを、第2室ではバルビゾン派の画家の作品を中心に展示しています。

    ミレー館 第1室
    ジャン=フランソワ・ミレーの生涯

     ミレーの世界

    ミレー館の第1室では山梨県立美術館のミレーコレクションをご覧いただけます。《種をまく人》のほか、《冬(凍えたキューピッド)》《鶏に餌をやる女》《夕暮れに羊を連れ帰る羊飼い》《グレヴィルの断崖》《ポーリーヌ・V・オノの肖像》等を展示する予定です。

    ※昨年10月からリール宮殿美術館へ貸出しをおこなっていた《落ち穂拾い、夏》が帰ってきました。

      フランスでの展示の様子と共に作品を紹介します。

     

    ジャン=フランソワ・ミレー《落ち穂拾い、夏》 1853年 油彩・麻布


    ミレー館 第2室
    バルビゾンの画家たち

    バルビゾン派・風景画の系譜

    ルソー、ディアズ、トロワイヨン、デュプレなど、フランスのバルビゾン村で制作を行った「バルビゾン派」の画家たちの作品を紹介します。

    また、クロード・ロラン、ライスダール、クールベなど、西洋風景画を代表する画家の作品を展示します。

     

     

    ギュスターヴ・クールベ《川辺の鹿》     1864年頃 油彩・麻布 

     

     

    開館40周年記念特別展 関連小特集

    シャルル=フランソワ・ドービニー

    当館開館40周年記念特別展として、「バルビゾン派」の画家ドービニーの国内初となる個展を今秋に開催予定です。

    コローと並ぶ重要な風景画家として活躍し、印象派やゴッホなど、後世の画家たちに大きな影響を与えました。

    本コーナーでは、ドービニーの人となりの紹介と共に、 当館所蔵の作品をご紹介いたします。 

    シャルル=フランソワ・ドービニー(1817-1878)

    展示期間:2018年3月13日(火)~6月3日(日)
    ※季節に合わせて年4回展示替えを行っています。

  • コレクション展B テーマ展示室 作品リスト


    展示替えごとにテーマを設けて展示します。

    開館40周年記念 リレー企画「県美図鑑」 Vol.1 日本画

    会期:平成30年3月13日(火)~6月10日(日)

     

    第1章 日本画のかたち

     「日本の伝統的な画法に立つ絵画」(『新潮 世界美術辞典』)とされる日本画。その画法は、主に筆を使って水墨で線をひき、岩絵の具で彩色することですが、近代以降、その画法から様々に変容を遂げた絵画も含めて日本画と総称しています。

    それら日本画は、1000年以上もの長い間、日本人の生活に溶け込み鑑賞されてきました。その鑑賞の〈かたち〉-掛軸、屏風、絵巻、襖-に着目して県美コレクションを紹介します。

     ※本章は、6月3日(日)までの展示となります。前後期で大幅な展示替えをします。

      前期:3月13日(火)~4月22日(日)、後期:4月24日(火)~6月3日(日)

     

    日本画のかたち【掛軸】~好みに合わせた空間を演出~

     

       

     

    日本画のかたち【絵巻】~掌(てのひら)で展開する小宇宙~

     

     

     

     

    日本画のかたち【屏風】~室内を大画面でかざる その1~

     

     

     

     

     日本画のかたち【襖】~室内を大画面でかざる その2~ 

       

     

     

     

    第2章 様々な主題

    日本画に特徴的な主題や描き方に着目して、県美コレクションを紹介します。

     

    様々な主題① これぞ日本の風景!

     

     

     

    様々な主題② 四季を彩る草花

     

     

     

     

    様々な主題③ 人々の営み 

     

     

    様々な主題④ 動物ばかりか想像上の生き物も登場!

     

    第3章 

    なんと言っても日本画は季節感!

    ~春から初夏の風景~

     

     

    ■コレクション展 関連イベント
    ・担当学芸員のギャラリートーク
     主にコレクション展B(テーマ展示室)の内容を解説します。
     日 時:4月21日(土)14:00~
     場 所:テーマ展示室(コレクション展B) 
     ※申し込み不要、コレクション展チケットが必要です。

  • コレクション展C 萩原英雄記念室


      

     

    萩原英雄の墨彩画と富士山

    山梨県甲府市出身の作家・萩原英雄は、抽象的な表現の木版画で注目を集め、国際的にも高い評価を得ています。萩原が制作した版画や油彩画など3971点と、蒐集品888点が当館に寄贈され、「萩原英雄記念室」が開室しました。

    ◎春季は萩原英雄コレクションから「大津絵」を、肉筆画作品から「墨彩画と書」「富士山」を紹介します。

    展示期間:2018年3月20日(火)~6月3日(日)
    ※季節に合わせて年4回展示替えを行っています。

pagetop