TOP コレクション展

コレクション展

  • 山梨県立美術館のコレクション


     

    山梨県立美術館は1978年の開館以来、「ミレーの美術館」として広く親しまれています。
    最初のコレクションであるミレーの《種をまく人》を中心として、以後ミレーやバルビゾン派の作家、ヨーロッパの主要な風景画家、ならびに日本の近現代美術の収集に力を注いでいます。
    なかでも山梨ゆかりの作品と、「萩原英雄コレクション」「深沢幸雄コレクション」がその中心といえます。
    収蔵品の総点数は現在、約1万点にもおよびます。

    所蔵品を紹介するコレクション展示では、季節に合わせて年4回の展示替えを行い、できるだけ多くの作品をご紹介しています。

    コレクション展では「ミレー館」「テーマ展示室」「萩原英雄記念室」の3室をご覧いただけます。

  • コレクション展Aミレー館 作品リスト


    第1室では山梨県立美術館のミレーコレクションを、第2室ではバルビゾン派の画家の作品を中心に展示しています。

    ミレー館 第1室
    ジャン=フランソワ・ミレーの生涯

    ジャン=フランソワ・ミレーは、1814年にフランス西北部のグリュシー村で生まれました。
    小さい頃から絵を描くのが好きだったミレーは、パリの美術学校へ通い、プロの画家になります。
    1849年には、パリから少し離れたバルビゾン村に移住。
    この村で最初に描いた大作が、 《種をまく人》でした。
    1875年に亡くなるまで、ミレーはバルビゾン村に住みつづけ、農民の姿や生活を描きました。


    ミレー館 第2室
    バルビゾンの画家たち

    フランスの首都から60kmほど離れたところに「フォンテーヌブローの森」という大きな森があります。
    その森のまわりにある村のひとつがバルビゾン村です。19世紀前半、この村にはミレーを含めてたくさんの芸術家が集まっていました。
    彼らは、この村の名前をとって「バルビゾン派」と呼ばれています。

    展示期間:2017年3月14日(火)~2017年6月4日(日)
    ※季節に合わせて年4回展示替えを行っています。

  • コレクション展B テーマ展示室 作品リスト


    展示替えごとにテーマを設けて展示します。

    春季「春の訪れ」「読書の造形」「深澤幸雄追悼コーナー」

    ◆第1章 春の訪れ

    冬と春の橋渡しをするかのように、寒さの名残の中で蕾をつけ、ゆったりと訪れる暖かさと共に花を咲かせる梅。

    梅のほのかな香りに誘われるように、少しずつ目覚める草花、そして春を高らかと宣言する桜。

    第1章では植物を中心に、春の訪れを感じる作品を紹介します。

     

    ◆第2章 読書の造形

     本を開くこと、文章に吸い込まれること、物理的に移動せずとも何百キロも何百年も遠く遠くへ旅をすること。読書は人間にのみ許される愉しみと言うことが出来るでしょう。

    第2章では本と読書に関わる作品を展示します。

     

    【「読む」を描く】

    人、特に女性が本を読む姿は絵画において繰り返し描かれてきました。本展の出品作品でも、画家は

    読書に没頭する姿、あるいはふとページから顔をあげた様子を絵筆でとらえています。作品を通じて

    読書をする姿というモチーフの魅力を探ります。

     

    【本のかたち】

    読む行為が頁をめくることから、画面をスクロールしたり、スワイプすることに変わりつつある今日、

    本の「形状」も問われています。美術作品に見られる本の「かたち」を通じて、モノとしての本が見

    えてきます。

     

    【本を選ぶ、場所を選ぶ】

    読書をする場合、その本の内容はさることながら、それを読む場所も大きく読書体験を左右します。

    惜しみなく陽光が降り注ぐ春の草原、ちょっとした遠出の特急列車、時が限りなくゆっくりと進む喫

    茶店。絵画を通じて読書と場所の関係について考えます。

     

    ◆第3章 深澤幸雄追悼コーナー

     今年の1月に亡くなられた版画家の深沢幸雄を偲び、当館が所蔵する代表作の数々を展示致します。

     

    展示期間:2017年2月28日(火)~2017年5月28日(日)
    ※季節に合わせて年4回展示替えを行っています。

    望月春江 《惜春》 1978年 紙本着色
    埴原久和代 《赤い本》 1927年 油彩・麻布
    深沢幸雄 《銅版画的な人と蝶》 2007年 アクリル・ガラス
  • コレクション展C 萩原英雄記念室 作品リスト


    ◆萩原英雄のリトグラフ-アメリカ人版画家アーサー・フローリーとの関係をめぐって-

     

     山梨県出身の作家・萩原英雄は、抽象的な表現の木版画で注目を集め、国際的にも高い評価を得ています。 〔萩原英雄記念室〕は、萩原が制作した版画や油彩画など3971点と、さまざまな蒐集品888点が当館に寄贈されたことを記念し、それらの作品を展示する場所として開室されました。

     

     春季のコレクション展Cでは、萩原とアメリカ人版画家アーサー・フローリーとの関係に焦点を当てます。フローリーは1960年から1年間、東京にリトグラフ工房を開設し、萩原を含めた多くの日本人芸術家にリトグラフ制作を指導しました。本展では萩原のリトグラフ作品の他、フローリー及びフローリーの工房に通った他の芸術家たちの作品を展示し、様々な技法に挑む萩原とその周辺を概観します。

     

    展示期間:2017年3月14日(火)~2017年6月4日(日)
    ※季節に合わせて年4回展示替えを行っています。

    萩原英雄 《葉》 1960年 リトグラフ
    萩原英雄 《あられ》 1961年 リトグラフ 
pagetop