種をまく 世界がひらく 山梨県立美術館

MENU
ホーム 展覧会・イベント 特別展 山梨モダン 1912~1945(仮称)

山梨モダン 1912~1945(仮称)

2024年9月14日(土)~11月4日(月・振)
米倉壽仁《モニュメント》 山梨県立美術館蔵

 大正期、自由や民主主義を求めるデモクラシーの空気や海外からの情報流通を背景に、新しい芸術表現が生まれました。このような文化的な雰囲気は山梨においても多様で活発な芸術活動に結実し、芸術家たちは地理的に近い東京と山梨を往来しながら、作品を発表しました。
   本展では、大正時代(1912~1926年)から昭和20(1945)年の終戦までを区切りとして、二科会初の女性会友となった埴原久和代、近代水墨画を代表する近藤浩一路、日本画院を創設した望月春江、戦前からシュルレアリスムに取り組んだ米倉壽仁をはじめ、山梨ゆかりの作家の作品を紹介します。

名称
山梨モダン 1912~1945(仮称)
会期
2024年9月14日(土)~11月4日(月・振)
開館時間
9:00~17:00(最終入場16:30まで)
会場
特別展示室